レースゲームほど視野が広くなって楽しさが増すジャンルは無いんじゃないでしょうか。モニターアームを導入して「21:9の1画面」←→「フルHDの3画面」のゲーム環境の切り替えが割と容易になったので、改めて3画面環境でForza Horizon 4のデモ版をプレイしてみました。

fh4t01

まずは圧巻の一言です。没入感が全く違いますね。21:9でもすごいと感じていましたが、3画面を1度やってしまうと元に戻れなさそうです。そのくらい違いますね。

GTX1080(シングル)環境ですが最高設定でフレームレートも良好でした。操作に集中していたので常時張り付いていたと断言はできませんが60fpsで安定していたと思います。


fh4t02
fh4t03


ひとつ残念なのはナビやスピードメーター等の表示が端寄せの仕様なので首を振って目を振らないと確認できない位置に行ってしまっていることです。普通の1画面プレイの方が確実に確認しやすい位置にあるので、その点はマイナスでしょうか。

一応車内視点の場合はスピードメーターがちゃんとついてたりするので、車種にもよりますがそっちを見て運転するという手もあります。


車種にもよるが確認しやすいスピードメーターがある。画面右のと速度にズレがあるが気にしないでいいレベル。
fh4t04

ナビは現実でもそのくらい遠いだろうとリアリティが増した事をむしろ喜びましょう。ともあれそんなマイナスが気にならないほどの魅力が、このゲームの3画面プレイには詰まっていると思います。



関連記事
Forza Horizon 4 Demoを21:9で試してみた
Forza Horizon 4 製品版が起動しない問題
PC版『Forza Horizon 4』プレイするなら21:9以上がおすすめ

スポンサードリンク