非公式パッチのおかげでウルトラワイドでもプレイできるようになった『Devil May Cry 5』。Borderless Gamingとの合わせ技でお手軽に3画面でプレイする事ができました。

dmc5_09

非公式パッチをあてる


まずは16:9を上回るワイド画面に対応できるように非公式パッチをあてましょう。手順は21:9でプレイする記事にあります。

関連記事
『Devil May Cry 5』を21:9でプレイする

スポンサードリンク

Borderless Gamingを使用する


Borderless Gamingを使用してウィンドウモードを3画面化します。基本的な手順は↓の記事にまとめてあります。

関連記事
 『nVidia Surround』を超える?『Borderless Gaming』によるマルチモニターゲーミング


DMC5の場合は起動するたびにシングルモニターのサイズに戻っているので、設定が完了したBorderless Gamingを起動した状態でDMC5を起動後、PC Settingでウィンドウモードを選びなおす必要があります。

というわけでウチの場合6400×1080の超ウルトラワイドでプレイできました。DMCは4(無印)も名倉も3画面でプレイしていたので嬉しい限りです。


本作はカットシーンも全てリアルタイムレンダなのでワイドに。
dmc5_06

ゲーム中の視野はこんな感じ。
dmc5_08

一部2D描画される部分は残念ながら伸びてしまう。
dmc5_07

エンジョイ!







スポンサードリンク