PC・家庭用 ドラクエ10

『ドラクエ10』踊り子のおすすめ装備&スキル【短剣&呪文Ver6.0】

2021年8月14日

『ドラゴンクエスト10』の踊り子おすすめ装備(2021年バージョン6.0緊急対応版)をご紹介!

バフやデバフをまき散らしつつ手が空いたら近接特技も攻撃呪文もそこそこできる中衛サポート職。しかし近接と呪文職では(特にアクセサリー面で)着けるべき装備が変わってくるため、どちらかに方針を定めて装備を選んでいく必要があります。

※評価はあくまで私個人の主観です。

 

近接型か呪文型かを選ぼう

人それぞれのスタイルがあると思うのでお好みで良いと思いますが、近接も呪文攻撃も行える職業という事で装備はどちらかに寄った形で揃えていく事になります。

ただし近接を選んでもギラグレイド、呪文を選んでも百花繚乱など、どちらを選んでももう一方の攻撃方法もチャージ技など多少は使うので、そこを意識して無駄のない装備選びをしていく必要があります。

一応どちらでも良いという方の為に個人的におすすめしておくのは呪文型です。理由としては下記の通りです。

呪文型のメリット

  • 距離をとって比較的安全に戦いやすい
  • 範囲型魔力かくせい「覚醒のアリア」がチャージ技でない為いつでも使える
  • 扇主力で戦えるので「風切りの舞」でサポートバフが更に充実

近接型では短剣で火力を出したいものの「風切りの舞」を使いたければ武器を持ちかえる必要があるので運用が難しくなってしまいます。より簡単に操作できるのは呪文型だと思います。

といっても私が現在採用しているのは近接型です。どちらも面白いですよ!

 

ステータス

目標にしたいステータス値

呪文型

HP 700~
こうげき力 580~
こうげき魔力 800~
すばやさ 650~
きようさ 500~

扇やスティックの二刀流とアクセサリーの調整でこうげき魔力をなるべく高くしていきます。こうげき魔力は甘めに書いてありますので実際はもっと高い数値も目指せると思います。

近接型

HP 700~
こうげき力 680~
こうげき魔力 650~
すばやさ 700~
きようさ 500~

呪文型と比べると現行の短剣を必ず装備する事になるのですばやさの上昇が見込めます。

 

スキル配置例

踊り子の場合はスキル配置も呪文型と近接型で大きく変える必要が出てきます。
ここで紹介するスキル配置例では、呪文型では扇&スティックまたは短剣、近接型では短剣&扇をそれぞれ取得する方向で調整しています。

うた

呪文型

160P 1.0%ターン消費なし
170P 呪文のダメージ+10
180P 神速シャンソンIII
190P 被ダメージ10軽減
200P 行動感覚短縮-1秒

近接型よりすばやさで劣るのでターン消費なしをつけておきます。

近接型

160P 特技のダメージ+5
170P ちから+15
180P 神速シャンソンIII
190P 被ダメージ10軽減
200P 行動感覚短縮-1秒

既にすばやさは十分な域に達しているので一撃あたりの火力も伸ばす方向に。

 

おどり

どちらのパターンでも「うたスキル〇〇〇P取得」のボーナスを付けますが、武器2種をとりつつ最低ライン(160P)に下げるには特訓スタンプやスキルブックなどでスキルポイントを稼がなくてはなりません。レベルが上がりたてでポイントが十分でない場合はうたスキルの配置を入れ替えて対応しましょう。

呪文型

160P うた160Pにする
170P 呪文のダメージ+10
180P 被ダメージ10軽減
190P こうげき魔力+40
200P ギラグレイドIII

近付かなくて良い分回避を諦めて火力に注力しています。

近接型

160P うた160Pにする
170P ギラグレイドII
180P 被ダメージ10軽減
190P 特技のダメージ+20
200P こうげき魔力+40

バージョン6では(毒と炎の)二刀流がし易くなったのでギラグレイドは一段下げるものの取得。
こうげき魔力もしっかりブーストしておく配置にしました。

 

短剣

近接&呪文型

160P 装備時かいしん率+1%
170P 装備時こうげき力+8
180P タナトスハント+8%
190P ヴァイパーファング+15%
200P ネメシスエッジII

毒を盛る技ヴァイパーファングと盛った後ブン回る技タナトスハントが主力なのでその2つの威力を最大限発揮できるよう調整。
バージョン6から毒無効の相手には素直に呪文攻撃に切り替えましょう。

 

バージョン6からは近接型で左手に持つ選択肢が視野に入り、ここも型を分けて考えるのが良さそうです。

呪文型

160P 風斬りの舞+1m
170P 装備時さいだいMP+30
180P 風斬りの舞III
190P 花ふぶきの成功率+12%
200P おうぎ乱舞II

一応風斬りIIIさえとっておけば普段使いに大きな支障が出難い部分でもあるので、スキルポイントが足りないうちは180P止めにしておくという手もあります。

近接型

160P おうぎ乱舞I
170P 装備時かいしん率+1.2%
180P 風斬りの舞III
190P 花ふぶきの成功率+12%
200P 装備時こうげき力+10

輝天から大きく伸びたこうげき力を左手武器として活かす場合に使います。
入手難度は高いですが呪速+が付いているとよりハイブリッド向きに。

 

スティック

呪文に特化したい場合の選択肢。こうげき魔力を限界まで高めたい方向け。

呪文型

160P スピリットゾーンI
170P 装備時さいだいMP+30
180P ホップスティックIII
190P 装備時こうげき魔力+40
200P メラ系とギラ系呪文+3%

呪文型でこうげき魔力を極限まで稼ぎたい場合はこちらを取得。
左右どちらか(基本左手)に持って火力を底上げする配置に。

 

武器

武器は呪文型なら扇+スティック、近接型なら短剣

呪文型

呪文攻撃主体で行く場合はメイン扇がおすすめです。「風切りの舞」が使えるためサポート中衛としての範囲強化を更に手厚くする事が出来ます。
扇には練金効果で呪文発動速度+が普通には付かないので、左手に呪文発動速度埋めのスティックを持つ事で補うという選択肢もあります。こうげき魔力的にも不足は無いですが、スキル振りはより厳しくなります。

バージョン6からは炎耐性持ち対策にスティックを捨てて短剣をとるという選択肢も生まれました。
近接の場合よりは困りにくいものの2種類の攻撃手段を用意しておく事で潰しが効くようになります。
(裏武器に右短剣+左扇を仕込んで切り替えましょう)

近接型

物理攻撃主体で行く場合のメイン武器は短剣です。
左手の武器はもう1本短剣でも良いですが、扇もおすすめです。

短剣ならすばやさブースト、扇ならこうげき力が短剣を上回る事ができます。

 

バージョン6.0:輝天武器で進むハイブリッド化

バージョン6.0で新たに実装された短剣「輝天のナイフ」はこうげき魔力+が更に強化され、扇と比較しても肉薄する性能になりました。
これにより踊り子は今までよりもハイブリッド化がしやすくなっているので、「毒が通じない相手は炎呪文に切り替える」事で単一属性の弱点をある程度克服できそうです。

『ドラクエ10』LV115装備:輝天の武器&盾性能【バージョン6.0】

続きを見る

 

呪文型の扇候補:アロケルのおうぎ

基礎数値 こうげき力+168
おしゃれさ+42
こうげき魔力+100
かいふく魔力+55
おもさ+3
基礎効果 呪文発動速度+5%
特技の効果範囲+1.0m

呪文発動速度+5%特技の効果範囲+1.0mが基礎効果に付いています。「うた」で味方を強化する踊り子としては範囲が伸びるのも嬉しく、呪文型ならもちろん呪速も重要なので無駄がありません。
練金効果は呪文発動速度が普通には付かないのでアストルティア防衛軍でガチャってみましょう。

 

近接型の扇候補:輝天のおうぎ

基礎数値 こうげき力+198
おしゃれさ+42
こうげき魔力+105
かいふく魔力+60
おもさ+3
基礎効果 必殺チャージ率+1%
開戦時10%でチャージ時間-10秒

最新の扇はこうげき力の伸びが激しく近接武器での実用化を目指している感があります。
現状武器スキルに良いダメージ元があまり無いので近接型の左手に持つ武器候補として。

 

スティック

呪文型のスティック候補:輝天のスティック

基礎数値 こうげき力+77
さいだいHP+5
おしゃれさ+20
こうげき魔力+120
かいふく魔力+168
おもさ+10
基礎効果 呪文発動速度+3%
行動時6.0%で聖なる祈り

スティックを握るのは基本的にこうげき魔力ブーストが目的なのでLV115の最新スティックを持つべきでしょう。先代のエイル比で+10されています。
扇と違ってスティックの場合は呪文発動速度埋めがバザーで購入しやすいのも大きなメリットです。

 

短剣

短剣候補:輝天のナイフ

基礎数値 こうげき力+179
おしゃれさ+52
すばやさ+45
こうげき魔力+105
おもさ+12
基礎効果 呪文発動速度+2%
会心率と呪文暴走率+2.0%

先代のファントムダガーを大きく上回るこうげき魔力+を携えて文句なく世代交代するべき短剣です。
これのおかげで短剣を持ったままでも呪文の火力を維持できるようになりました。
短剣はこれ一択と言って良い状態に。

 

防具

5部位は最新「グレイスフルコート」

  グレイスフルコートセット ガナドールスーツセット
セット効果 さいだいHP+10
さいだいMP+8
コマンド間隔-0.5秒
状態異常系の成功率+10%
攻撃呪文ダメージ5%減
こうげき力+5
おしゃれさ+45
さいだいHP+12
コマンド間隔-0.5秒
攻撃時5.0%でチャージ時間-10秒

LV110装備が実装されるまでは呪文型なら「かぜのマント」セットがこうげき魔力もあがる為優秀でしたが、直接回復手段を持たない踊り子(というより旅芸人以外)にとっては「グレイスフルコート」が非常に優秀な装備として登場しました。

近接型ではセット効果で僅かながらこうげき力も上がり、チャージ時間-10秒も強力なガナドールセットが他の装備可能職同様に優秀ではありますが、ギラグレイドを取得していた場合こうげき魔力も完全には捨てたくないのと、短剣使用時には状態異常系の成功率+10%がより重要になるので、やはりグレイスフルが良バランスと言えると思います。

揃えたい練金効果

HP、各種耐性
からだ上 こうげき魔力、呪文or各種耐性
からだ下 こうげき魔力、各種耐性
うで 呪文発動速度orかいしん率orきようさ
移動速度、すばやさ、転び、踊らされ

こうげき魔力は前述の通り呪文型の場合を考えてグレイスフルセットで持っておけると強いです。
うで装備はグレイスフルには無いのでゼルメア探索でガチャする場合は使いまわしの効くガナドールや風のグローブを中心に探してみましょう。

旅芸人用にきようさ埋めのかぜのグローブを所持している場合は近接型向けに流用しても良いと思います。

バージョン6.0からは短剣を持ったまま呪文の威力も維持しやすくなったので近接型でハイブリッドを意識するならば腕装備は呪文発動速度埋めを用意しましょう。

バフ配りのポジション取りやベギラゴンの立ち位置等、移動速度+があると心強い。




アクセサリー

基本的には前衛職用か、後衛職用か、どちらかに寄せて装備していけばOKです。

顔候補1:魔犬の仮面

ひっさつ「荒神の舞」が味方全員テンションバーン(100%)と非常に強力なので少しでも発動率をあげたいところです。おまけバフ×3の合成効果はピオラ2段階や各種防御系からお好みでつけて良いと思います。呪文型なら早詠みの杖も検討しましょう。

首候補1:金のロザリオ

打たれ弱い踊り子に限らず全職業で使いまわす必須の保険装備です。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力+5

首候補2:竜のうろこ

多段の多い敵にはコチラ。金ロザ共々近接ならこうげき力埋めも作っておきましょう。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力+5

指候補1:魔導将軍のゆびわ

呪文型を選ぶ場合はこちら。
メイン近接でハイブリッドを志す場合は悩ましいですが早詠み目当てでこちらを付けておく手もあります。但し(セルフ風斬り含め)バイキルト役が居ないと攻撃力アップの可能性が絶たれます。

おすすめ合成効果:行動時3.0%で早詠みの杖

指候補2:武刃将軍のゆびわ

近接型ではもちろんコチラ。バイキルトの「うた」は無いのでより重要になっています。

おすすめ合成効果:行動時3.0%でバイシオン

胸候補1:セルケトのブローチorアンク

呪文型はこれでこうげき魔力を上積みしていきます。

胸候補2:セトのブローチorアンク

近接型はもちろんコレ。

胸候補3:アヌビスのブローチorアンク

耐久面に不安があるのでどちらの攻撃主体でもHPブーストという選択肢も考えておきたいです。

腰候補1:剛勇のベルト

HP増強に頼もしいベルトです。合成効果で更にHPを増やすか、近接型用にこうげき力埋めかはお好みで選びましょう。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力

腰候補2:輝石or戦神のベルト

呪文型ではこちらの採用率も高いでしょう。輝石の炎呪文+もしくは戦神の扇炎+を頑張ってガチャりましょう。

札候補:不思議のカード

近接用か、魔法使い用に使いまわせる2つの型から選びましょう。余裕があればおすすめ3つ目のハイブリッド型を作るのもアリです。一応魔剣士との使い回しも可能。

おすすめ合成効果1:HP+15、すばやさ+15、こうげき魔力+15
おすすめ合成効果2:HP+15、すばやさ+15、こうげき力+8
おすすめ合成効果3:HP+15、こうげき力+15、こうげき魔力+15

その他候補1:大地の竜玉or大竜玉

HP増強の強い味方をドン・モグーラさんから奪いましょう。

おすすめ合成効果:HP+5

その他候補2:炎光の勾玉

属性攻撃やばめの相手はこちらも選択肢に入れます。

おすすめ合成効果:HPとすばやさ+4

紋章候補1:アガレスの紋章or大紋章

こうげき魔力優先ならこっちになりますね。

おすすめ合成効果:こうげき魔力とすばやさ+5

紋章候補2:ハルファスの紋章or大紋章

こうげき力ならこちら。短剣のお供に。

おすすめ合成効果:こうげき力とすばやさ+5

証・勲章候補1:ガナン帝国の勲章

HPを増やせるのも良いですが、デバフ技の多い踊り子としてはきようさ+20も見逃せません。

おすすめ合成効果:HP+2




器用貧乏にならないために

出来る事が多い分操作、装備共に難しい選択を迫られる踊り子ではありますが、メインに据える攻撃手段を絞ってどっち付かずにならないように装備を揃えていきましょう。前後衛どちらのアクセもある程度揃っているという方は両方のパターンを一度試して自分に合ったものを選ぶのもいいかもしれません。

 

関連記事

『ドラクエ10』ほとんどサイトマップ

続きを見る

  • この記事を書いた人

ほとんど

初代スト2からの格ゲーおじ。21:9モニター使い。 RPG系はスキルや装備の組み合わせを考えるのが好きなので選ぶ楽しみがあるゲームが好み。

-PC・家庭用, ドラクエ10
-, , ,