PC・家庭用 ドラクエ10

『ドラクエ10』戦士のおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

2021年8月15日

『ドラゴンクエスト10』の戦士おすすめ装備(2021年バージョン5.5後期対応版)をご紹介!

ドラクエ10における戦士はシリーズのイメージをほぼ踏襲しており、初期から選べるスタンダードな重装近接職、パーティの安全を守るタンクとして初心者にもわかりやすく活躍できます。力強い、硬い、遅いをモットーに、装備も長所を伸ばし時には短所を補いつつ装備を揃えていきます。

※評価はあくまで私個人の主観です。

 

ステータス

重要ステータスはHP、こうげき力、しゅび力

近接の準タンク職という事でとりあえず頑丈さを大事にしましょう。真・やいばくだき等弱体系の技があるのできようさは大事と言えば大事なのですが、元々きようさの低い戦士が弱体成功率を100%に無理矢理持っていこうとするのは非効率で犠牲が大きいので、その辺は宝珠でしっかり成功率を確保してステータス自体はそこそこでいいと思います。
あとは重装という事ですばやさもとても低く、ターン回転が遅いという欠点もあるので余裕があれば伸ばしていきましょう。

 

目標にしたいステータス値

HP 800~
こうげき力 800~
しゅび力 850~
すばやさ 400~
きようさ 350~

アクセサリーなど合成効果でHPとこうげき力から選ぶものも多いので、どちらも800を超えるようにバランス良くあげていきたいところです。しゅび力はエンドレベルの現役防具を揃えていれば自然にあがると思います。軽装職では耐えられない致命的なダメージにも戦士なら耐えられるよう、宝珠のみのまもりにも割り振ってより高い数値を目指しましょう。

 

武器&盾

メイン武器はオノ、サブ候補として剣+盾か

戦士は斧のスキルラインが独自仕様です。独自仕様になっている武器スキルというのは大抵の場合、その職業で使用が強く推奨されていると解釈できる程の優遇措置がとられていて、戦士の斧も例外ではありません。優遇された戦士だけのオノの強さを存分に振るいましょう。

もうひとつの候補として挙げられるのは片手剣でしょう。オノは確かに強力ですが両手武器な上に武器ガードも無いので戦士の求める頑丈さをある程度犠牲にしているとも言えます。更に頑強なタンクを目指したい場合は盾も装備できる片手剣になります。但し火力を大きく損なう事になるので序列としては2番手以下になると思います。

両手剣は武器ガードもできて火力もそこそこという、上記2つの中間的存在と言えるかもしれませんが、オノスキルの強化以降はパっとしない感は否めないので残念ですが選択肢から外します。

オノ候補:エキサイトアクス

基礎数値 こうげき力+295
さいだいHP+11
おしゃれさ+16
おもさ+67
基礎効果 全ての攻撃時5.0%でためる
行動時5%でテンション消費なし

LV110の最新斧は基礎効果に全ての攻撃時5.0%でためる行動時5%でテンション消費なしが付いています。LV108装備の破天の麗斧に全ての攻撃ダメージ+4%が付いているものの、基礎攻撃力の差で問題なく埋め合わせた上でテンション関係の効果が付くので1度でも発動すればほぼ間違いなくひっくり返す事が出来ると思います。

片手剣候補1:鳴神のつるぎ

基礎数値 こうげき力+187
おしゃれさ+16
こうげき魔力+15
おもさ+16
基礎効果 特技のダメージ+10(試合無効)
攻撃時8.0%で雷と光耐性ダウン

LV110の最新片手剣。基礎効果は特技のダメージ+10(試合無効)です。片手剣を選んでいる時点で火力はオノより落ち込むので、少しでも高い攻撃力を確保したい場合はこちらになるでしょう。

片手剣候補2:邪紋のつるぎ

基礎数値 こうげき力+156
さいだいHP+3
おしゃれさ+26
おもさ+16
基礎効果 攻撃時5%でヘナトス
状態異常の成功率+10.0%

LV100の片手剣なので少々型落ちが激しく火力は更に落としますが、基礎効果の状態異常の成功率+10.0%攻撃時5%でヘナトスでやいばくだきの成功率アップなど敵へのデバフ役に徹するタンク役としてはこちらもアリだと思います。

盾候補1:不落の大盾

基礎数値 しゅび力+57
おしゃれさ+11
おもさ+42
盾ガード率+6.5%
基礎効果 受けるダメージを10軽減する

LV110の重装用の盾です。基礎効果に受けるダメージを10軽減するも付いており、更に頑丈になります。ミラーアーマーセットの同効果と併せて生存性を極限まで高めてくれます。

盾候補2:ブレスガーダー

基礎数値 しゅび力+21
おしゃれさ+13
おもさ+21
盾ガード率+4.7%
基礎効果 ブレス系ダメージ10%減

LV108のブレス対策としてメジャーな逸品。魔侯爵のよろいセットの登場によって資産家でなくともブレス100%カットが現実的になりました。

 

防具

5部位は基本「ミラーアーマー」ブレス対策に「魔侯爵のよろい」

  ミラーアーマーセット 魔侯爵のよろいセット
セット効果 さいだいHP+16
行動時10%でマホターン
受けるダメージを10軽減する
さいだいHP+18
味方死亡時20%でバイシオン
瀕死時15%で攻撃力+60(試合無効)
ブレス系ダメージ 8%減

火力も備えつつ頑丈さと両立を目指す戦士としてはセット効果のダメージ軽減とマホターンが嬉しいミラーアーマーがおすすめになります。

魔侯爵セットはブレス対策のサブ防具として用意しておく感じになるでしょう。前述の片手剣選択時ブレスガーダーと併用して100%を目指すパターンはもちろん、オノ装備時でも心頭滅却や仲間のフバーハと併用すれば90%以上カットする事も可能です。

 

アクセサリー

近接物理職用のものを揃えてこうげき力とHPを高い水準で両立させていきます。

顔候補:死神のピアス

すばやさの低い戦士のターン回転を少しでも速くする為には断然こちら。特技のダメージ+で一発の威力も底上げする良装備です。

おすすめ合成効果:特技のダメージ+5

首候補1:金のロザリオ

いかに頑丈な戦士といえどエンドコンテンツ等では致命的大ダメージを受ける事もあります。こうげき力+を選択するのが基本ではありますが、HPに不安があればそちらも選択肢に。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力+5

首候補2:竜のうろこ

多段が多い場合はこちら。ミラーアーマーのセット効果も相まって1発あたりの被ダメを大きく下げる事ができます。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力+5

指候補:武刃将軍のゆびわ

近接前衛職の定番装備です。自分でバイシオン系をかける術を持たない戦士としてはなるべく外したくありません。

おすすめ合成効果:行動時バイシオン+3%

胸候補1:セトのブローチorアンク

こうげき力底上げ手段として基本はこれになるでしょう。

胸候補2:アヌビスのブローチorアンク

HPがもう少し欲しいという場合はコチラ。高い生存性も大事です。

腰候補:剛勇のベルト

戦士の高いHPを更に増強する手段として。HP型かこうげき型かはお好みで良いと思います。

おすすめ合成効果:HP+3orこうげき力

札候補:不思議のカード

近接用のものを作りましょう。個人的に3つ目はすばやさがおすすめです。

おすすめ合成効果2:HP+15、こうげき力+8、きようさorすばやさ+15

その他候補1:大地の竜玉or大竜玉

理論値HP+50のアストルティアで生き抜く必須アクセ。

おすすめ合成効果:HP+5

その他候補2:炎光の勾玉

属性攻撃に対策をとりたい場合はこちらを選択する場合もあります。大竜玉の時よりすばやさが伸ばせるメリットも。

おすすめ合成効果:HPとすばやさ+4

紋章候補:ハルファスの紋章or大紋章

こうげき力増強タイプ。紋章はアンクと違ってHPタイプが無いのでこれ一択になります。

証・勲章候補1:夢幻魔王の勲章

エキサイトアクスの基礎効果で自力でテンションが上がる可能性のあるオノ戦士にとってはテンション消費なしが強力です。

おすすめ合成効果:行動時1.5%テンション消費なし

証・勲章候補2:ガナン帝国の勲章

無難にHPをより高く伸ばしたい場合はこちらもありです。きようさ+20も不器用なのに弱体入れたい戦士さんには嬉しいところです。

おすすめ合成効果:HP+2

 

頑丈で堅実な火力職を楽しもう

火力だけなら戦士を上回る職業は沢山ありますが、戦士はその上HPもしゅび力も高く倒されにくいのがメリットと言えます。両手武器だからとこうげき力一辺倒にならない攻防の両立が戦士の強みであり醍醐味なので、そこを意識してうまくバランスをとっていきたいですね。

 

関連記事

『ドラクエ10』武闘家のおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』まもの使いのおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』踊り子のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』バトルマスターのおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』魔剣士のおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

almost44

PC関連、スマホ、ゲームソフト、動画など、個人的に気になるアイテムをチェックしています。引きこもり生活の充実、安全かつ迫力ある体験を求めて。

-PC・家庭用, ドラクエ10
-, , ,