PC・家庭用 ドラクエ10

『ドラクエ10』僧侶のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

2021年7月30日

『ドラゴンクエスト10』の僧侶おすすめ装備(2021年バージョン5.5後期対応版)をご紹介!

ドラクエ10における僧侶は基本的に特殊な状況を除いては削りには一切貢献しませんが、装備は防御力を高める為のみならずです。

デキる僧侶になるために必要なステータスをブーストする装備を揃えていきましょう。

※評価はあくまで私個人の主観です。

 

ステータス

重要ステータスはHP、すばやさ、かいふく魔力

私の装備により補強するステータスの個人的優先順位として、

HP>すばやさ>かいふく魔力

だと考えています。

回復のエキスパート職ということでかいふく魔力をとにかく上積みする事に集中してしまいがちですが、ある程度の数値が稼げれば行動の早さで回復や蘇生を手早く出来る事の方が重要になってきます。

僧侶は自身が倒れてしまわない為にHPを稼げるところで出来るだけ稼ぎつつ、すばやさでターンの回転をあげて敵の攻撃にレスポンスする回復や治療を追いつかせる、余った個所でかいふく魔力をブーストする。

という順番で装備を選んでいくのが良いと思います。

 

目標にしたいステータス値

HP 700~
かいふく魔力 900~
すばやさ 600~

素のHPは決して多くないですが頑張って700超えを目指しましょう。
すばやさは全滅を防ぐ鍵です。こちらも元が高くないのですが宝珠と装備で稼いでいきたいです。
かいふく魔力は高いに越した事は無いのですが900を超えていれば十分な仕事が出来ると思います。LVキャップが120になった現在では達成するのはそう難しくはありません。

 

スキル設定例

全職業に言える事ですが全ての状況にマッチする完璧な配置はありません。
僧侶の場合は危機管理が最も重要なので主に強敵相手のピンチを想定したスキル選びにしています。

しんこう心

160P 復活時25%早詠みの杖
170P 1.5%ターン消費なし
180P 被ダメージ10軽減
190P 呪文の回復量+20
200P  復活時10%天使の守り

復活時の「天使の守り」は発動すればパーティ壊滅時の天使ループ時にかけなおしのターンをすっ飛ばして味方の蘇生を行えるため、パーティの立て直しに大きく貢献する最重要スキルだと思います。

 

スティックスキル

160P ホイミの回復量+6%
170P 装備時さいだいMP+30
180P ホップスティックIII
190P 装備時かいふく魔力+40
200P スピリットゾーンII

ホップスティックとスピリットゾーンはエンドコンテンツで使いこなせば非常に心強い重要スキルです。

 

盾スキル

160P 瀕死時2%で身かわし率+30%
170P 会心完全ガード+1.5%
180P アイギスの守りIII
190P 装備時しゅび力+20
200P 装備時さいだいMP+45

ちからの盾は回復職なので切り捨てて重要スキルのアイギス以外は生存系のパッシブを多く盛り込みます。MPも長期戦になると大事です。

 

棍スキル

160P 装備時こうげき力+5
170P なぎはらい+4%
180P 断空なぎはらいIII
190P 氷結らんげき+8%
200P 豪雪氷結乱撃II

アストルティア防衛軍が主な出し所なのでそこ中心の選び方で問題無いと思います。チャージスキルを習得しつつ非チャージの単体と範囲の主力スキルダメージを底上げしています。

 

武器&盾

メイン武器はもちろんスティック、サブは棍

僧侶で真面目にヒーラーとして立ち回るなら専用スキルツリーになり、ほとんどの状態異常も治せるようになったスティック1択と言って良いです。攻撃能力はほぼ無くなってしまいますが、盾持ちの生存性とあらゆるステータス面でヒーラーに専念するのに特化した力を発揮できる武器になっています。

サブ武器のおすすめは棍です。アストルティア防衛軍など「見てないで殴れ」ムードの漂うコンテンツでは普段大人しい僧侶も積極的に攻撃に参加する事になります。ヤリも悪くはないのですが棍の方が僧侶の専用スキルツリーを貰っている事もあり殴りつつ本業の回復もこなしやすい、正に攻防一体の武器になっています。
ただしスキルの選び方にもよりますがスティックから持ち替えるだけで最大MPが大きく落ち込んでしまうので、裏武器に仕込んでいる際には意識しておく必要があります。

スティック候補:エイルのスティック

基礎数値 こうげき力+73
おしゃれさ+20
さいだいHP+5
こうげき魔力+110
かいふく魔力+140
おもさ+10
MP吸収率4.5%
基礎効果 呪文と特技の回復量+10%
行動時 3.0%で聖女の守り

基本的には回復量+10%も付き、110装備という事でステータスの上昇値も高いこちらを選んでおいて間違いないでしょう。聖なる祈り使用前でも高い回復力を誇る僧侶の呪文回復量を更に高めてくれます。

おすすめ練金効果:呪文発動速度

盾はブルバックラーとブレスガーダー

呪文耐性をつけるブルバックラーとブレス耐性を大きく上昇させるブレスガーダーを使い分けていきます。後述する「ひかりのローブ」セットとブルバックラー、「カテドラルローブ」セットとブレスガーダーが相性の良い組み合わせになっています。

棍候補1:ローズロッド

基礎数値 こうげき力+242
おしゃれさ+14
おもさ+20
基礎効果 呪文と特技の回復量+30%
会心率と呪文暴走率+3.0%

かいふく魔力の一切上がらない棍を装備する事でホイミ系の回復力は当然落ちてしまうのですが、基礎効果の呪文と特技の回復量+30%によってこの問題をカバーできる、正に僧侶向きの棍といったデザインです。呪文発動速度+は棍には付かないのでアストルティア防衛軍でガチャってみましょう。

棍候補2:氷獄鬼のこん

基礎数値 こうげき力+226
おしゃれさ+14
おもさ+20
基礎効果 氷の攻撃ダメージ+5.0%
テンション時魔物にダメージ+100

基礎効果に氷の攻撃ダメージ+5.0%テンション時魔物にダメージ+100と攻撃に特化するならコチラ。棍の特技は元々主力技が氷属性ばかりなので更にダメージを高めてくれます。テンション時ダメージ+は出番がありそうなアストルティア防衛軍とも相性が良い性能と言えるでしょう。

 

防具

5部位はメイン「ひかりのローブ」、サブ「カテドラルローブ」

5部位装備のメインに据えるおすすめ装備は「ひかりのローブ」セットです。

「カテドラルローブ」セットは対策装備としてブレスが驚異的な敵にのみ着るというスタイル。

いずれもからだ下装備が存在しないので、妖炎魔女やアビスセーラーに各種耐性が付属したものを揃えておきましょう。もちろん耐性不要時にかいふく魔力埋めも○。

ひかりメインな理由

ひかりセットは108装備という事で型落ちも1世代のみ。呪文を確立で防いでくれる上にステータスも高水準で戦う事が出来ます。より高いステータスを維持して戦闘に臨みたいというのは誰もが望むところではないでしょうか。

靴は耐性以外を移動速度かすばやさで埋めよう。移動速度はバザーでは高価なのでゼルメアに通いたい。

カテドラルサブな理由

カテドラルはブレス100%装備として非常に役立ちますが、99装備という事もあり世代が少々古くなってしまっています。
型落ちは多いほど守備力やかいふく魔力などのステータスで劣っていくので、逆にブレスが脅威でない状況では全てにおいてひかりのローブ比較でパフォーマンスが落ちるという事になります。

揃えたい練金効果

HP、各種耐性
からだ上 かいふく魔力、呪文or各種耐性
からだ下 かいふく魔力、各種耐性
うで 呪文発動速度
移動速度、すばやさ、転び、踊らされ

頭、からだ上下で必要な耐性を揃えつつ、不要な場面では頭がHPブースト、からだ上下をかいふく魔力に置き換えていきます。

 

アクセサリー

僧侶は回復専門職という事で専用に作らないとならないアクセサリーも少々入ってきますが、きっちり揃える事で確実にパフォーマンスはアップします。

顔候補1:死神のピアス

ヒーラーをメインでやっていないとなかなか作りにくいかもしれませんが、呪文の回復量+5埋めを作る事で高い回復力とターン消費なしによる回転の早さを得る事ができます。

おすすめ合成効果:呪文の回復量+5

顔候補2:魔犬の仮面

必殺技が役立つ場面は限られていますが、僧侶に最適なバフを選ぶ事で有力な選択肢になります。
個人的にはピオラ2段階さえ入っていれば後はお好みでいいと思います。プレイングが楽ちんになるのはピオラ2段、早詠み、聖なる祈りの3つですが、祈りは自分で発動すればいいと思うようなら魔結界2段階など防御系に切り替えていきましょう。

余裕が出来たら(安定して魔犬レオパルド周回が可能になったら)複数バリエーションを作るのもおすすめです。

おすすめ合成効果:ピオラ2段階、早詠みの杖、聖なる祈りetc

首候補1:金のロザリオ

基本に装備したいのはコチラ。HP1残しでの生存率を証と併せて高めていきます。

おすすめ合成効果:HP+3

首候補2:竜のうろこ

敵の多段技があきらかに多い場面ももちろんですが、合計700ダメージ前後の2段構えの技を使用してくる強敵も増えてきているので、そちらは自分の最大HPと相談して生き残れるかどうかを判断してロザリオとどちらを着けるか選択していきましょう。

おすすめ合成効果:HP+3

指候補:魔導将軍のゆびわ

スティックメインの僧侶が自分で早詠みを発動できるのはチャージスキルのみになっています。開幕からも使えない性能なのでこれを外すのはどうしても耐性指輪を付けたい場合の最後の手段にしたいところです。

おすすめ合成効果:行動時3.0%で早詠みの杖

胸候補:アヌビスのブローチorアンク

イシスのアンクも悪くないですが、おすすめしたいのはコチラ。わずかな回復量上昇よりも、最大HPを伸ばす事で自身の生存力をより高めていきます。

おすすめ合成効果:HP+4

腰候補1:剛勇のベルト

こちらも最大限HPを増強する為に。開幕10%天使のおまけも嬉しいところ。

おすすめ合成効果:HP+3

腰候補2:輝石のベルト

HPやすばやさ、かいふく魔力、移動速度などの中からいい感じに僧侶が欲しいステータスが付いた場合選択肢に入ります。お好みで。

札候補:不思議のカード

現在の環境では不思議のカードの1択になっています。出来ればヒーラー専用のものを作りましょう。

おすすめ合成効果:HP+15、すばやさ+15、かいふく魔力+15

その他候補1:大地の竜玉or大竜玉

全職共通HP増強の必須アクセサリー。

おすすめ合成効果:HP+5

その他候補2:炎光の勾玉など

2属性のダメージを軽減するアクセシリーズ。敵の使用する属性に合わせて時にはこちらを選択していきます。竜玉よりすばやさがブーストできるメリットもあります。

おすすめ合成効果:HPとすばやさ+4

紋章候補:ブエルの紋章or大紋章

ブローチやアンクと違ってHP特化型は無いのでこちらはかいふく魔力の上昇するブエルを選択します。

おすすめ合成効果:かいふく魔力とすばやさ+5

証・勲章候補:僧侶の証

僧侶は断然これです。HP1残しで生き残る可能性をあげてPT崩壊を防ぎましょう。




すばやさは天使ループの為にも優先的に

というわけで優先順位は生存目的のHPが第1ではあるのですが、倒されても蘇生した直後の無敵中に「天使の守り」をかけなおす、いわゆる天使ループが可能になってくるラインまではすばやさを優先的にあげたいところです。

コインボスなど負けるとアイテムを失うリスクのある戦いに「守り勝つ」、僧侶ならではの安定感を実現させていきましょう。

 

関連記事

『ドラクエ10』魔法使いのおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』賢者のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』占い師のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』天地雷鳴士のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』デスマスターのおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

almost44

PC関連、スマホ、ゲームソフト、動画など、個人的に気になるアイテムをチェックしています。引きこもり生活の充実、安全かつ迫力ある体験を求めて。

-PC・家庭用, ドラクエ10
-, , ,