PC・家庭用 ドラクエ10

『ドラクエ10』レンジャーのおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

2021年8月30日

『ドラゴンクエスト10』のレンジャーおすすめ装備(2021年バージョン5.5後期対応版)をご紹介!

レンジャーはサポート能力に長けたサブアタッカーです。基本は前衛職に寄せた装備で自身の火力も高めつつ、2種類の武器を切り替えてチャージスキルを回していくスタイルが強力になっています。

※評価はあくまで私個人の主観です。

 

ステータス

重要ステータスはこうげき力、かいふく魔力、きようさ

レンジャー自身も十分な火力を発揮できる職業なのでこうげき力が大事なのは勿論ですが、ザオラルの蘇生時回復量の事も考えるとかいふく魔力もある程度意識していきたいところです。
きようさに関しては重要ではあるのですが、現環境では元々数値的に優秀なレンジャーはデバフの成功率がキャップする目標値の700への到達が容易になってきています。宝珠やアクセサリーの合成効果などで700を超えるように上手く調整していきましょう。超えてしまったらそれ以上伸ばす意義は薄いので後はほっときましょう。

 

目標にしたいステータス値

HP 720~
こうげき力 620~
かいふく魔力 483~
すばやさ 550~
きようさ 700~

かいふく魔力はザオラル時蘇生した味方のHPが50%状態まで回復できる、いわゆるザオラインです。
一般的に言われている最初のザオラインは蘇生が100%成功するようになる280であり、483は第2段階、そして500を超える事で回復量が51%になりここが最終段階になっています。
現状ではツメを装備した場合にここへ到達するのは難しいので、ここはブーメラン装備時に483を超えるように(できれば500以上に)調整していきましょう。

 

武器&盾

メイン武器はツメ、裏武器はブーメラン

レンジャーはツメスキルが独自仕様になっていて、他職が扱うよりも優れたパフォーマンスを発揮できます。ドラクエ10における独自仕様スキル=優遇仕様と言っても良い強さなので、自らの火力を出す為にもこちらをメインに据えていきます。
これはレンジャーの豊富な「被ダメージ増加」デバフを付与する特技の中でも、チャージタイムの関係で真っ先に使えるようになる「サマーソルトクロー」を使う為でもあります。

サブ武器として優秀なのはやはりブーメランになります。同じサポート役の旅芸人には及ばないものの、きようさの高いレンジャーは「レボルスライサー」のデバフ成功率をキャップさせるのも容易になっています。
また、ツメ装備時には困難なザオライン到達や呪文発動速度のブーストなど、サポート役としての仕事がしやすい武器でもあります。
こちらは普段なら第2候補という意味合いでお伝えする事が多い部分ですが、前述の「サマーソルトクロー」や、同デバフ効果が期待できる「ケルベロスロンド」使用後に切り替える裏武器として用意しておきたいものになっています。

弓に関してはレンジャーのイメージに合ってはいるのですが、ブーメランと入れ替えるとツメが苦手な集団相手の戦いをカバーしにくい、盾を持つパターンが無くなってしまい防御面の不安が増大するなどのデメリットが発生してしまいます。
ツメと入れ替えるのは折角の独自仕様スキルを捨てる事になるので更に微妙というところでしょうか。

ツメ候補:ドラゴンクロー絶

基礎数値 こうげき力+127
すばやさ+32
きようさ+32
おしゃれさ+15
おもさ+14
基礎効果  ドラゴン系にダメージ+15%
全ての攻撃ダメージ+3.0%

ツメはLV110装備が非常に優秀なコチラ。全ての攻撃ダメージ+3.0%はレンジャー固有のオオカミ系のダメージも底上げしてくれます。

ブーメラン候補:ファルコンウィング

基礎数値 こうげき力+177
おしゃれさ+26
こうげき魔力+85
かいふく魔力+85
おもさ+11
基礎効果 呪文発動速度+5%
攻撃時10%で呪文威力低下

最新ブーメランは基礎効果に呪文発動速度+5%が付いたありがたい装備。もちろん基礎数値的にも一番優秀です。ツメが主力でブーメランをサポート用と割り切るならば、呪文発動速度の付いたものを探すのも良いと思います。賢者との使い回しも可能。

盾はブルバックラー

盾はブーメラン装備時のみの運用になりますが、基本はブルバックラーで呪文ダメージを軽減する方向にしましょう。
ブレスガーダーは他職同様悪くないのですが、自身でブレスを1度無効に出来る特技を持つレンジャーとしては優先度は下がってきます。

 

防具

5部位はメイン「グレイスフルコート」

  グレイスフルコートセット かぜのマントセット
セット効果 さいだいHP+10
さいだいMP+8
コマンド間隔-0.5秒
状態異常系の成功率+10%
攻撃呪文ダメージ5%減
さいだいHP+10
すばやさ+60
風ダメージ20%減
呪文と特技の回復+30%

現在は最新110装備のグレイスフルコートがセット効果も強力で、状態異常系の成功率+10%もレンジャーに相性が良く優秀だと思います。

かぜのマントを選ぶ理由があるとすればベホイムの回復量をあげたい場合でしょうか。それのみでは理由としては弱いので風ダメージに脅威がある場合にピンポイントで選択できると良いかもしれません。

揃えたい練金効果

HP、各種耐性
からだ上 呪文or各種耐性
からだ下 各種耐性
うで 呪文発動速度
移動速度、すばやさ、転び、踊らされ

ほとんどの部位は他職と同様、耐性を盛りつつ頭ならHP付きを候補に入れ、足は転びと踊らされをケアしつつ移動速度やすばやさが付いたものを装備していきます。
問題は腕装備ですが、現在の環境でいくとここはきようさ埋めにしなくとも700達成は可能なので、迅速なザオラルを意識した呪文発動速度+がレンジャー視点ではおすすめになります。

 

アクセサリー

アクセに関しては純近接職と同様にHPをケアしつつもこうげき力由来の火力をアップさせる方向で集めていきます。

顔候補:死神のピアス

軽装の中では特別素早い方でもないのでターン消費なしは嬉しい性能。多段が多めなので特技ダメージ+もより相性の良いアクセになっています。

おすすめ合成効果:特技のダメージ+5

首候補1:金のロザリオ

盾の装備出来るブーメラン装備時はまだしもツメ装備時には武器ガードも無く敵に最接近する必要があるためリスクを伴います。レンジャーが決して打たれ強くない事を忘れてはいけません。

おすすめ合成効果:HP+3、こうげき力+5

首候補2:竜のうろこ

一撃系よりは多段が多い相手や、雑魚狩りなどにはコチラ。金ロザと共通で合成効果はHPとこうげき力の両タイプを用意しておき、コンテンツで使い分けていきたいです。

おすすめ合成効果:HP+3、こうげき力+5

指候補:武刃将軍のゆびわ

もちろん多くの近接型と同様、ここは殴り用の指輪で決まり。

おすすめ合成効果:行動時3.0%でバイシオン

胸候補1:セトのブローチorアンク

こちらも近接職の基本装備として。

胸候補2:アヌビスのブローチorアンク

エンドコンテンツなど、HPをなるべく増やしておきたい場合はこちら。平行して自然に出来ていくのでセトと2種類用意する負担は軽いと思います。

腰候補1:剛勇のベルト

HPとこうげき力が数値的にもう1つなレンジャーは優先的にこちらを装備しましょう。

おすすめ合成効果:HP+3、こうげき力

腰候補2:輝石のベルト

すばやさやこうげき力が同時に付けばこちらも悪くないかもしれません。HPも付けば言う事なしですが確率は・・・

札候補:不思議のカード

前衛職共通のカードを作っておけば問題ないと思います。

おすすめ合成効果2:HP+15、こうげき力+8、きようさ+15

その他候補1:大地の竜玉or大竜玉

頑丈ではないのでもちろん必須の装備になります。

おすすめ合成効果:HP+5

紋章候補:ハルファスの紋章or大紋章

ここも多くの近接職と共通になります。きようさ700超えの調整ポイント。

おすすめ合成効果:こうげき力ときようさ+5

証・勲章候補:ガナン帝国の勲章

きようさ+20を確保しつつHPも大きく伸ばせる良装備。

おすすめ合成効果:HP+2

 

武器の使い分けが肝

レンジャーの装備はステータス的に苦労するというよりも、使い分けを行うために2種類の武器を用意する事と、それに伴ってスキルポイントなどで頑張らないといけないというのが苦労する点になっています。出来る事が多いので上級者向けの職業ではありますが、使いこなすと楽しいし強いです。
サポートもしつつ火力もキッチリ出せるように頑張って(アクセと特訓スタンプを)鍛えていきましょう。

 

関連記事

『ドラクエ10』旅芸人のおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』踊り子のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』占い師のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』天地雷鳴士のおすすめ装備&スキル【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

『ドラクエ10』魔法戦士のおすすめ装備【2021年Ver5.5後期】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

almost44

PC関連、スマホ、ゲームソフト、動画など、個人的に気になるアイテムをチェックしています。引きこもり生活の充実、安全かつ迫力ある体験を求めて。

-PC・家庭用, ドラクエ10
-, , ,