PC・家庭用 ストリートファイター5 ルシア 注目記事

『スト5』初心者向けは膝?ルシアのVスキル解説&評価

2021年12月27日

『Street Fighter V』(ストリートファイター5)のルシア攻略メモです。Vスキル編。

ルシアの2種のVスキルはどちらも直接の打撃技ですが単体で出すだけでなくガンスモーク(236+P)の派生技にも関わるものになっており、コンボ選択や攻め連携に絡む重要なものになっています。

 

Vスキル1

タッピングキック【中P+中K】

発生 8F
全体 33F
ガード硬直差 -8F
ヒット硬直差 +2F
VTCガード +1F
VTCヒット +6F

蹴りを3回繰り出す打撃技。
通常技からキャンセルで必殺技の代わりに出せてどこからでも繋がる勝手の良さがあります。
ヒット時のみ4段目の裏拳に派生します。

3段目はVTとCAキャンセルも可能になっています。
4段目はVT2発動中のみトンファー(強P+強K)に派生ができます。

しゃがみ弱P、中Pや中足、立ちorしゃがみ強Pなど。ガードされると確定反撃があるのでヒット時のみ出すよう心がけましょう。生出しはおすすめしません。
必殺技へ繋げる場合よりダメージは控えめですがVゲージを稼ぐ選択肢として使いましょう。

 

サイクロンスピナー【236+P>中P+中K(VS1)】

発生 5F
全体 32F
ガード硬直差 -8F
ヒット硬直差 ダウン

ガンスモーク中にVSを出すとこちらに派生します。
中足からは間に合いませんがしゃがみ中Pからは繋がるようになっています。
ガードされた場合のリスクはタッピングキックと同じ-8Fですが、こちらはダウンを奪いつつ画面も少し押せるようになっています。
やはりダメージは控えめなのでVゲージを稼ぐ選択肢として。

コンボ例:立ち中P>しゃがみ中P>コレ>CA

 

EXサイクロンスピナー【236+PP>中P+中K(VS1)】

発生 5F
全体 28F
ガード硬直差 -6F
ヒット硬直差 ダウン
VTCガード +3F
VTCヒット +10F

EX版はタッピングキック同様に〆の裏拳が追加されます。

裏拳までいけばダウンを奪いますが2段目の蹴りからVT1選択時のみキャンセル発動ができます。
ガードされている場合の発動パターンとしては有利Fが少ないのでやや微妙でしょうか。
なるべくヒット前提で繋げていきましょう。

 

Vスキル2

アレストヒール

発生 28F
全体 47F
ガード硬直差 -4F
ヒット硬直差 ダウン

発生は遅めで強Pなどからキャンセルしてもコンボにならないので基本は立ち回りから生で出していく事になるでしょう。ただしガードで-4Fなので気軽には出しづらくなっています。めり込み厳禁。
一応小ジャンプ系Vスキルの定番として弾を飛び越える事は可能です。

 

ナビングニードル【236+P>中P+中K(VS2)】

発生 11F
全体 35F
ガード硬直差 -2F
ヒット硬直差 +2F

ガンスモーク(236+P)派生で跳び膝が出るようになり、生出しアレストヒールの使い勝手を考えるとこちらがむしろスキル2選択の本命と言っても良いでしょう。

コンボ例:立ち中P>しゃがみ強P>コレ

確反の無いガンスモーク派生技

ガンスモーク派生の打撃はどれを出してもガードされれば確定反撃をもらう性能になっていますが、こちらは不利(-2F)ではあるものの反撃を受けないので相手に突進する、触りに行く手段として唯一使う事ができるものになっています。

リーチで不利な相手にもとりあえず近付く手段に。

弾抜け性能

アレストヒール同様こちらも相手の弾を飛び越える性能が付いています。見てから発動は厳しいですが距離が離れて相手があからさまな弾撃ちモードになった場合に突っ込んでいく手段としても機能しうるでしょう。

 

EXナビングニードル【236+PP>中P+中K(VS2)】

発生 11F
全体 35F
ガード硬直差 -2F
ヒット硬直差 ダウン

EX版VS2はヒット時に2段目の跳びカカトに派生してダウンを奪えるようになります。
ガードされた場合の不利は変わらないのでヒットを前提に出したいところです。

 

どっちがおすすめ?

結局おすすめはどちらかというお話。

使い勝手の良いスキル1

スキル1は基本的に全てヒット前提で立ち回らなければならないものの、どこからでもコンボに繋いでいける優秀なVスキルだと思います。Vトリガーへの派生も可能なので使いこなせば火力の底上げにも繋がり、ルシアのコンボバリエーションを大きく広げてくれます。

ルシアを使いこなして戦い抜くつもりならばとりあえず1を選んで間違いはないでしょう。

とりあえずで出し易いスキル2

一方でスキル2は「とりあえず仕掛ける」「触りに行く事」に重点を置いた仕様になっています。コンボに組み込むのは不向きなもののスキル1に比べてガードされた場合でも確定反撃をとられにくいので、スト5を始めたばかりでヒット時のみ技を出す、相手にじっくり寄って行くというのが難しい場合には扱いやすいものになるでしょう。
(とはいえルシアというキャラ自体の扱いが比較的難しいため初心者向けとは言い難いですが。)

 

関連記事

『スト5』ルシア攻略:かわいいけど難しい?必殺技解説

続きを見る

『スト5』フレームやリーチ、立ち回りは?ルシアの通常技解説

続きを見る

『スト5』どっちが強い?ルシアの火力を左右するVトリガー

続きを見る

『スト5』近距離パワー型なルシアさんのコンボ紹介

続きを見る

『ストV』ほとんどサイトマップ【ストリートファイター5】

続きを見る

おまけ其の3:エクストリームビーチバレー

ルシアのスポーツコスはビーチバレー仕様のスポーツ水着+褐色肌になっており、普通の水着コスとはまた違ったもう1つのコスチューム(+日焼け)を楽しむ事ができます。スポーツのユニフォームらしく彼女の名前(ルシア・モーガン)も背中にプリント(MORGAN)されています。
更にあちらは脱衣コマンドを入力しないと本当の水着姿とは言えない状態でしたが、こちらは素の状態で既にアーマーをテイクオフしているので堂々と(?)水着姿を満喫できる仕様となっています。

神崎ビーチでVスキル

  • この記事を書いた人

ほとんど

初代スト2からの格ゲーおじ。21:9モニター使い。 RPG系はスキルや装備の組み合わせを考えるのが好きなので選ぶ楽しみがあるゲームが好み。

-PC・家庭用, ストリートファイター5, ルシア, 注目記事
-, ,